2019年5月12日日曜日

またしばらく

本日は、またしばらくお休みになると思います。
先週より、持病の頚椎症が神経根症の症状が出ていまして、
左腕の肘に痛みがあります。
今週MRI撮影後に、治療方針を決めます。

2019年5月1日水曜日

ノートPCからカメのPPアンプと5月祭り

私のノートPCは「れいわ」と入れて変換しても「令和」に変換できません。

令和元年っす。雨の一日はバイトもやる気なし。
家の中では暇になっちゃうので、PPアンプ作成の続き。

心配していた回路図は、このブログにアップロードしていましたので
一安心です。
シャシーの天板の穴あけをほぼ完成させて、アングルに取り付けてみた。
PPアンプの上面部品配置(実装)
部品を取り付けるとこんな感じになります。
裏側も同じようにしてみて大体の部品配置を考えています。
PPアンプ部品配置(仮組)
まあ、こんな感じこれで本当に部品がはみ出さないで作れるのでしょうか。
ここから先が長いと思います。
(雨なので部屋の中で組み立てたので部屋が
マキビシ撒いたようになっちゃいました)

さて令和元年5月最初の学園祭はどこにしようかな。
結構近所のイベントが多いのでどこまで行けるのか分かりません。
5月の土日イベント予定

2019年4月29日月曜日

ノートPCからポータブルオーディオとりあえず

まもなく平成が終了となりますが、
相変わらずメインPCは調子が良くありません。
肌寒いGWです。

ポータブルオーディオは音出しまで進みました。
単三2本で100均のUSB接続の携帯充電器を使用の試みは
ノイズ問題でもろくも崩れ去りました。

使用しているアンプはLM4863で、3~5.5V 仕様です。
格安プレーヤーは5~12V仕様です。
単三4本ではアンプが危ない。
単三3本ではプレーヤーが起動しない。
携帯充電器では5.15~5.2Vなのでうまくいけばちょうどいい
と思ったのですが、すごいノイズを発していました。
充電するだけだったらノイズはあまり関係ないし、
100均だから仕方ないのかも知れません。

ということで、どちらも安定に動作させるために、
006P電池9V を使用してそのままをプレーヤーに、
LM340T5(7805)で5Vにしてアンプに供給しました。

BluetoothモードでスマホのYouTubeの再生中

電源を入れると、SDモードで立ち上がります。
電源を入れたとき、モードを切り替えたとき、
リモコンで電源を切ったとき、
大声でモードを教えてくれます。
(いらない迷惑な機能です。)
100均のリメイクシートが買ってあるので、
後ほどそれで覆うと完全に出来上がりとなります。
それまで少しの間エージングしましょう。
(本来エージングはいらないと思う)

さて昨日穴あけに用いたコッピングソウと
サークルカッターを紹介します

コッピングソウ(金属、木材、ガラス、石などが切れる らしい)
こちらがコッピングソウですが、Magical Sawとなっています。
ただし、フレームには「Free Way COPING SAW」とあります。
(Magical Sawではなかなか出てきません。)
カナノコより自由度が大きく頑丈な糸鋸みたいなものです。
これがあるので3mm厚のアルミも加工ができます。

こちらがミヤモト工業のサークルカッター ミニミニ50です。
すでに販売完了とのことでもうひとつ大きなサイズにすればよかったです。
これは50Φまでの任意の円形穴を開けることができます。
これがあるとアルミシャシーの穴あけが楽チンです。
シャシーパンチでは開けられない3mm厚のアルミ板でも開けられます。
(今回2mmのアルミ板と邪道ですが今回のSPボックスの穴もこれで開けました)

2019年4月28日日曜日

ノートPCからやっとPP穴あけ

世の中は10連休に入りましたけど
私は金欠でバイトの精出す定年嘱託社員です。

ということでシャシーの穴あけを少しずつ進めていますが、
大きな穴が開きました。

電源トランス用の四角い穴は
①適当な位置に結構大きな丸穴をステッピングドリルで開けて、
②穴にコッピングソウを入れて穴を抜いて、
③平ヤスリで穴を整えて、
④最後にバリ取りナイフでバリを取り除いて完成。
(真空管とブロックコンデンサ)の丸い穴は、
①中心に4Φの穴を開けて、
②サークルカッターのねじを固定して30Φの穴を開けて、
③バリ取りナイフで仕上げて完成。

表面に張った傷防止のマスキングテープは穴あけ時に一部
はがれてしまったし、長く張っていると
のりが表面に残ってしまうのではがしてしまいました。

ところで、配線図は壊れたPCの中だったかな?
やばいか。。。

2019年4月26日金曜日

ノートPCからポータブルオーディオ

メインで使っていたデスクトップPCが調子悪くなって使えないので
その時間でポータブルオーディオの作成をしてみた。

スピーカーはメーカー不明。よって素性不明。
穴を開けるのはサークルカッターで
こればほぼすべての部品
スピーカーボックスで、本体を挟んでボンドでとめてボディのできあがり。
部品を配置して
部品を固定して配線すると

起動して音が出ました。
音出しに成功しましたが、ノイズがひどく失敗です。
ノイズの原因は、電源と判明。
100円ショップで購入した単三2本(3V)からUSBの5Vのアップバーターです。
小型で安く作りたいために利用したのですがそれが裏目に出ました。
電流が取り出せないため音が途切れることがあります。
変わりに2.1A取り出せるモバイルバッテリでは問題なく動作しました。
さて、モバイルバッテリをどこかで見つけましょう。
またAliExpressあたりで安いのがあればいいけど。

2019年4月21日日曜日

ノートPCからアクセス中。ポータブルオーディオ。

という訳で、PC故障中です。
でもめげずに欠席する前にアップロードしておこっと。

PCの調子が悪くなって次の日、金曜日に帰宅すると中国から何か届いている。
Aliから送られてきたもの(とりあえず内側にプチプチがありました)
家族に言ってなかったので、危なく警察に届けられてしまうところでした。
(危ない薬かと勘違いされた)
3週間ほど前にAliExpress.comで注文した極安プレーヤーだった。
たしか、送料無料で、US$1.33-だったと思う(キャンペーン中だった)
($1-=¥112-としても 約¥150-)
中身(黒いものはネジを隠すためのダボ)
中身がこんな感じ。リモコンまでついています。
12Vですが5Vから動作します。
早速中を確認してみると、なんとさすが中国製。
USBとTFカードの差込に指紋がべっとり。
USBソケットの指紋

TFカードホルダの指紋
 リモコンは、ハードオフで以前に調達した108円のリモコンとほぼ同じ。
左側が今回のリモコン、右側が以前に入手したリモコンちょっと配列が異なる
 さすがに電池は入っていませんでした。
FMも受信できますが、海外仕様なので、お飾り
 電源コネクタの近傍は何か溶けています。
たぶん、スモークパネルを熱カシメの時に鏝が振れたのでしょう。
赤いコネクタが電源コネクタ、白いコネクタは出力とFMアンテナ
 中に5Vのレギュレータがありますが、端子に何かモールドされています。
黄色の樹脂でモールドされた5Vレギュレータのリード(怪しい)

ということで、昨日の土曜日に恒例の三土会に行ってきました。
5階なのでちょっといつもより高い位置から(天気は上々)
 久しぶりに真空管アンプが1件ありまして、
なんとなくほっこりしたのは私だけでしょうか?
まもなくアップロードされるので詳細はそちらで・
アンプもプレーヤーも5V動作するので2台購入。単三2本で5V供給
帰りに、ポータブルアンプ(夏のお寺大会お題)の材料をダイソーで入手。
これもMADE IN CHINAなので確認してみました。さてこれで何分持つのでしょうか?
3Vから5Vが供給されることを確認しました。
これでほぼ材料がそろったので、早速製作にかかりたいと思います。
 
(PPアンプも材料が揃ってはじめるといってどのくらいかかっていることやら)