2020年7月24日金曜日

無帰還アンプ第二ラウンド(3→とりあえず最終回)

7月23日に2SK135-2SJ50の無帰還アンプを
設計者E氏によって調整していただきました。
 
その結果、アイドリング電流200mAで安定して正常に動作することができました。
1作目と同様に定位のいい聴き易い音を出しています。
 
大きな変更点はダイオードを一つショートしました。
クリックすると大きな画像で見られます。
変更予定だった抵抗は交換せずにそのままでした。
 
鳴らしていると大きなヒートシンクがほんのりと温まってきます。
 
早速自宅に戻って波形を見てみることにしました。
入力約1.1Vp-pでピーク出力となります。
出力は8Ω負荷で約24Vp-pですから単純計算でおよそ70Wp-pでしょうか。
約10Hz波形
約100Hz波形
約1kHz波形
約10kHz波形
約20kHz波形
 
更にE氏より左右独立電源にすればもっと良くなるということで
電源のトランスを2つもいただきました。
いただいた電源トランス
 
現在の無帰還アンプ2台の電源もいただいたものですので、
合計4台も提供していただいております。
ありがとうございます。ちょっと検討してみたいと思います。
また、この調整の場を(このコロナ渦の中)提供していただきましたO氏にも
感謝したいと思います。ありがとうございました。
また、O氏からは電源のコンデンサーの容量をもっと増やすと
低音がもっと豊かになると、アドバイスもいただきました。
 
ということでこれからも改造等あるかと思いますが、
ひとまず応援をしていただきました方々にお礼申し上げます。
 
で、聴いていて定位がいいのがなぜ好きかですが、
私個人的にすごく安心して聴いていられるので、
ジャンルを問わず聴きたくなります。

 

2020年7月20日月曜日

簡易オシロスコープの続き

ゴールデンウイークに簡易的なオシロスコープ
100均のケースに入れて使っていました。
ちょっと中身に比べてガタイがでかい。
そのため、執り回しが悪い。
 
ということで、18日に秋葉原に行く用があったので、
ついでにケース(アルミケース)を調達してきました。
大きさは90×90×25mm。

BNCコネクタ3個と基板が入れば問題ないのでこんなもんでOKです。
オシロの基板を取り付ける位置が決まればUSB端子の穴あけ位置が決まります。
後は、BNCコネクタの穴あけをします。
最後に基板を固定する穴を開けて詰め込めば完了です。


組み立てた後は、ふたを閉める前に動作確認して、OK。

 
蓋を閉めて完了しました。

2020年7月12日日曜日

無帰還アンプ第二ラウンド(2)

7月6日にヒグラシが鳴いていました。
昨日11日には雷もすごかったです。
でもまだ梅雨が続いています。
ヒグラシが鳴くと梅雨が明けるとか、雷が鳴ると梅雨が明けるとか言いますが、
なかなか明けません。
被災されている方々にお見舞い申し上げます。
 
さて、表題の無帰還アンプの2台目ですが、配線が始まりました。
表の配線が終了し裏側となります。

狭いので線がいっぱいでうまく収まるかどうか心配です。
破線をまとめながら片チャンネル終了
 
片チャンネル終わりましたが、電源に近いのでノイズが心配です。
両チャンネルの配線が終わり、あとは調整のみ。
 
何とか終了しました。
はみ出すことなく、重なることなく、収めることができました。
意に手の様子。ちょっとヒートシンクが歪んでいる。
 
サイドウッドは後でちょっと加工してみます。
(例の100円ショップのリメイクシート)
電源を入れるのは怖いのでちょっと専門家(設計のE氏)に聞いてみます。
 
1台目は2SJ618と2SK3497でしたが
2台目は手持ちの2SJ50と2SK135と変えています。
さて、音が出るかFETが壊れるか・・・
 



 

2020年7月4日土曜日

無帰還アンプ第二ラウンド始動

梅雨が大暴れしています。
被災した皆さん、お見舞い申し上げます。
コロナ渦も治まる気配がありません。
(ワクチンと特効薬ができないとおさまりません。)
6月21日(土)に今年初めてニイニイゼミの声を聞きました。
 
さて、無帰還アンプの第二ラウンドです。
デザイン(部品配置)も決まりあとは、うまく配線するだけですが、
1台目よりちょっと小さくしたので大変です。
 
各部品を仮止めしています。
必要以上にシートシンクが大きいので工夫しないとビス止めできなくなります。
 
中古天板なので穴だらけ。リメイクシートで隠しています。
 

2020年6月21日日曜日

もう一台

梅雨に入ってしまいました。
さて、先月作り上げた無帰還アンプは、すこぶる調子良くって
お気に入りの音となっています。
奥行きがあって、定位がはっきり、安室ちゃんも華子ちゃんも「いい」。
すっかり気に入ったので、おねだりしてもう一組基板を譲っていただきました。
譲っていただいた基板

使用備品(受動部品)はちょっと異なります。

更にファイナルのFET(能動部品)も変えてみようと思います。
デザインもちょっと変わります。
説明を追加
さあ これから」部品を集めに入ります。


2020年6月7日日曜日

普段の音量は何ワット?

さて、普段音楽を聴いている音量って何ワット出ているのでしょうか?
 
っということでちょっと調べてみました。
 
曲を流してオシロでp-pの電圧測定です。
スピーカーは、ダイヤトーン(公称6Ω)。
 
Finally/安室 奈美恵
From Dusk Till Dawn/BabyMetal
  
目覚めるまで/ベルベットパウ
上2つは2010年代の録音ですが、
ベルベットパウというグループの目覚めるまでは、1992年のCDです。
全体的にレベルが低く、ピークを残しています。
最初のCDが発売になったのが、1982年ですからそこから10年、
やっとカセットテープとCDが同じ位のシェアとなったころです。
(この頃にMDという録音できる小さいディスクがでた)
ベルベットパウというグループは、いわゆる和製プログレッシブロックです。
こういう録音のほうが珍しいかも知れません。
色々な年代のCDの録音をみてみるのも面白いかも知れません。
 
これらは、CDからリッピングしてFLACにしたものを再生してます。
 
他に、NETからダウンロードしたハイレゾのものを見てみました。
DoDEMAPerfinaNo285/96k-24bit
やはり、若干レベル低めでピークレベルを残している感じです。
NETから .WAVファイルをダウンロードし、FLACに変換しています。
比較的静かなヒーリング音楽というものです。
 
まあp-pで4V弱程度、2.5Wぐらいでした。
(4V×4V÷6Ω=2.666・・・W)
普段聴くなら3Wもあれば理論的に何とかなることになります。
でもね、余裕って必要ですよね。
 
時速100kmまで出せる車で高速道路を時速100kmで走るのと
時速200kmまで出せる車で高速道路を時速100kmで走るのでは
やっぱり後者のほうがいいものです。
 


まもなく梅雨入りか?

6月に突入しました。いまだコロナ収束せずといったところでしょうか?
まあコロナは、治療薬とワクチンが世に出回らないと収束しないでしょう。
 
6月、水無月ということで水の月(無=の らしい)で
これから雨が多くなる(雨季)に突入です。
予告するように毎年庭の紫陽花も花を咲かせています。
 
6月1日撮影

6月6日撮影 一週間で紫陽花らしく色付きました。
 
以前にも申し上げましたが、植物の名前はよくわかりませんが、
我が家の紫陽花の種類は4種類のようです。
きっと名前があるんだろうと思います。
 
この紫陽花って言うのはそのままにしておくと、
いつまでもこのままで、冬にはこのままドライフラワーになっちゃいます。
(色は枯れ果てますが)
 
まだまだ油断せずにお体を大切に。
 
(追伸 紫外線が強い6~7月でコロナって消毒できないもんですかね)